| TOP | 基本 Webページ作成 | 基本 背景 | 基本 テキスト | 基本 テキスト装飾 |
| 基本 イメージ挿入 | 基本 イメージと文字列 | 基本 ハイパーリンク | 基本 テーブル | スタイルシートとは |
簡単!ホームページ作成


簡単!ホームページの作り方

ホームページってどうやって作るの?
なんだかむずかしそうだなぁ・・
ホームページ作成が初めての方でも、基本を抑えておけば案外簡単に作れます。
ここでは、ホームページ作りにかかせない知識をご紹介しています。

1.WWWとは

WWW(World Wide Web)は、インターネットの「ホームページを閲覧する」仕組みです。
WWWは、ネットワーク上で資料やデータなどを共有する仕組みをつくる研究を元に開発されました。
これにより、研究者たちが各自のコンピュータに保存しているデータなどを遠く離れた研究者が閲覧、検索することが可能となりました。
その後、MOSAIC(モザイク)と呼ばれるブラウザソフトが開発され、画像や音声など見た目にも美しいレイアウトのホームページを作成し、表示することが可能となりました。
MOSAICの技術はその後に誕生するInternet Explorerなどのさまざまなブラウザに引き継がれています。
WWWとブラウザの組み合わせにより、一般の人々も情報を得るためにホームページを利用するようになりました。
さらに、1995年にWindows95が発売され、パソコンが各家庭に行き渡り、爆発的にインターネット普及が進み現在に至ります。

2.HTMLとは

HTML(Hyper Text Markup Language)の略です。
「ハイパーテキスト」とは、文字、画像、音声、動画などの複数のオブジェクトを双方向にリンクさせる概念です。
Apple社が自社のパソコンMacintosh向けのソフトウェア「Hyper Card」でハイパーテキストの概念を実現させました。
Hyper Cardでは、スタックと呼ばれるカードの上に、文字、画像、動画などを配置し、ボタンをクリックすることで、次々にカードを切り替えることができました。
これが「ハイパーリンク」です。

HTMLとは、OS、ソフトウェアを問わず、Webページを作成できる言語のことです。
ソフトウェアを使えば、ある程度のホームページを作成することはできますが、HTMLを習得することで、より素早く魅力的なホームページを作ることができるようになるでしょう。

3.HTMLとタグ

HTMLドキュメントに挿入するマークのことを「タグ」と言います。
タグは「<>」の記号で囲まれたアルファベットや記号で、実行する書式や機能によって決められた書式や属性があります。
これらはW3Cによって規格化されています。

4.タグの記述

タグを記述するには、決まりごとがあります。
1.「<>」記号の間に、キーワードと呼ばれる命令を記述。
キーワードは必ず「<>」記号で囲みます。1つでも入力をし忘れるとタグとして認識されません。
2.タグは原則として2つ1組で使用する。
<命令を開始するキーワード>命令の適用範囲</命令を終了するキーワード>
このように命令を適用したい範囲を2つのタグで囲みます。命令を終了するキーワードの前には「/」記号がつきます。単独で使用するタグもあります。
3.必ず半角英数字で入力する
全角で入力すると、タグとして認識されません。アルファベットの大文字、小文字は関係ありませんが、HTMLは簡素化し見やすく記述することが一般的なので、どちらかに統一した方がよいでしょう。




審美歯科 土浦 美容室 11