| TOP | 基本 Webページ作成 | 基本 背景 | 基本 テキスト | 基本 テキスト装飾 |
| 基本 イメージ挿入 | 基本 イメージと文字列 | 基本 ハイパーリンク | 基本 テーブル | スタイルシートとは |
簡単!ホームページ作成


基本 テーブル

テーブルの作成を行います。

1.テーブルの定義

<table border=”○”>~<table>

・<table>~</table>

<table>タグで表の定義を行います。テーブルを構成する要素は全てこのタグの範囲内に入れます。

・border属性

テーブルの枠線の太さを指定します。boreder属性を指定しないとテーブルの枠線は表示されません。

・<tr>~</tr>

<tr>~</tr>は表の表を定義するタグです。この中には1行分の要素を入力します。

・<td>~</td>

「<td>~</td>は表の節を定義するタグです。この中には、表の1行分の要素を入力します。

・例

2.見出しセルを作成する

<th>~</th>

・<th>~</th>

セルの内容が見出しであることを定義します。見出しとして設定されたセル内の文字列は、セル内で中央ぞろえに配置され、テキストの場合は太字で表示されます。

・例

見出し
見出し
見出し

3.テーブルのサイズを設定する

<table width=”○” height=”●”>~</table> ○=テーブルの幅を指定するピクセル数もしくは% ●=テーブルの高さを指定するピクセル数もしくは%

・width、height属性

<table>タグにwidth、height属性を加えることで、テーブル全体の高さを指定することができます。

・例

幅100px 幅200px
高さ100px 高さ100px
高さ200px 高さ200px

4.セル内の文字位置を設定する

<th align=”○” valign=”●”>
  <td align=”○” valign=”●”>
<tr align=”○” valign=”●”>
○=左右方向の位置 ●=上下方向の位置

・align、valign属性

align属性はセル内に配置される内容の水平方向位置を設定し、valign属性は垂直方向位置を設定します。<tr>タグに指定すると、行全体が同じ設定になります。

・例

left×top center×top right×top
left×middle center×middle right×middle
left×bottom center×bottom right×bottom




≪応援リンク 特15≫ 6/4