| TOP | 基本 Webページ作成 | 基本 背景 | 基本 テキスト | 基本 テキスト装飾 |
| 基本 イメージ挿入 | 基本 イメージと文字列 | 基本 ハイパーリンク | 基本 テーブル | スタイルシートとは |
簡単!ホームページ作成


基本 テキスト

テキストを入力してみます。

1.文字列を改行する

<br>
テキストを改行する場合、<br>タグを入力すると改行することができます。<br>タグは単独で使うので、</br>は必要ありません。
注:)xhtmlなどで記述する場合は、<br />です。

2.段落を設定する

<p>~</p>
<p>~</p>の間が一つの段落として使われます。ブラウザで表示した場合、<p>タグの前に1行分の空白行が挿入されます。
<div>タグとの大きな違いはこの空白行があるかないかです。

3.段落の配置を設定する。

<p align=”●”>~</p>
<p>タグの中にalign属性を指定すると、段落内の文字列の配置を指定することができます。

・<p align=”left”>~<p>

これは左揃えです。

・<p align=”center”>~<p>

これは中央揃えです。

・<p align=”right”>~<p>

これは右揃えです。

4.文字をまとめて配置する。

<div>~</div>
<div>~</div>に囲まれた文字がまとめて表示されます。基本的には<p>と同じです。<p>はタグの前に1行分の空白が入りますが、<div>タグは空白は入りません。

5.水平線を引く。

<hr>
<hr>タグは区切りを示す水平線のタグです。単独で使用するので、</hr>は必要ありません。オプションを設定すると、サイズや長さ、色などを変えることができます。
注:)xhtmlなどは<hr/>と記述します。

■何も指定しない場合の水平線


・size属性・・・水平線の太さをピクセルで指定します。

■10pxの水平線


・width属性・・・長さを指定します。

■50%の長さの水平線


・align属性・・・配置を指定します。

■右揃えの水平線


・noshade属性・・・デフォルトでは影が表示されるので、noshadeを記述して影を消します。

■影なしの水平線





▲相互リンク 特13 6/4